バナウォーター天然水≪キツタ水≫は

富士山バナジウム天然水(キッタ水)
バナジウム130μg
2gボトル6本入りの価格

バナジウム130μg含有 ヘルシーバナウォーター
富士山バナジウム天然水
亜鉛を含む!

おいしい上に、不思議な能力を秘めるバナジウム天然水
バナジウム
は金属ミネラルの一種で、厚生労働省の指摘のように「微量ではあるが正常に生命活動を維持させるために『必須』」な物質です。
亜鉛、セレン、フッ素などと共に体に必要な
「微量必須ミネラル」の一種として指定されています
近年、富士山の伏流水にバナジウムが含まれていることが知られ、研究者たちの関心を集めております。バナジウムには、生活習慣病の要因に的確に対応する働きがあると言われ、医学界でも注目されています。

血液の成分は水が握っています。良質な水を摂りましょう。

血中にダブついた糖を細胞内に円滑に取り込む インスリン類似作用
健康に寄与するバナジウム水の研究で第一人者橘田力氏は、急増しているメタボリックシンドローム(生活習慣病の要因)に的確に対応できる水としてバナジウム水を推薦されています。
そして何よりも心強いのは“キッタ水”が総務大臣所管日本予防医学行政審議会で認定しているナチュラルミネラルウォーターであることです。
この原水は、食生活、運動不足等による健康不安の解消に役立ち、老廃物の排泄促進や
インスリンにより取り込まれがされなかった血糖のコントロールに寄与するなど、生活習慣病予防に大好評の水です。

他のバナジウム水と比較しても、バナジウムの含有量は130μg/gを確認し亜鉛やフッ素をはじめとするミネラルを豊富に含む天然のアルカリイオン水(PH8,3)硬度も19r/gと低いため、喉ごしも良く、おいしいと評判のバナジウム天然水です。
生のまま飲む、冷やして飲む、加熱して使っても成分や機能に変わりはありませんので、好きな方法で使えるメリットがあります。
愛飲者様からの報告も多く届いていて、尿酸の悩み、糖の悩み、血圧の安定、排便の安定など、薬じゃないので安心して使い続けられる、など嬉しい声を頂いています

余剰な糖・尿酸・塩分などは健康には不要な物質。排泄でスッキリ!

バナジウム天然水
グレードが違う!
注文方法/料金関係
予防食品ベスト3
健康へ導く食品
店の特徴
〈 地域限定のためご利用出来ない地域がございます 〉
来店マップ
よくある相談
お客様の声
トップページ
0120-6788-63
053-463-6788
受付時間/ 10:00〜18:00(休業日/日曜日)
E-mail / info@e-hamayoshi.com

本物商品はお客さまのよろこぶ笑顔が大好きです!

注文専用
健康の「茶の間」ハマヨシ
サプリメントのポイントは「吸収」です
対面販売重視の対応で口コミ増加中!

目的に適した最適な成分を有するサプリメントと天然水ご提供

体内そうじ/毒素排泄/体力回復で健康へ!
お問合せ/ご相談電話

総務大臣所管 認定のお水
日本予防医学行政審議会認定原水のキッタ水をボトリング。生体微量ミネラル研究所橘田力所長が管理する原水キツタ水は日本予防医学行政審議会より「予防医学、予防美容、健康増進に役立つ優秀な原水である」という推奨・認定を受けています。この認定は、通常「健康食品やお水」に与えられることは少なく稀のようです。

硬度19r/Lの超軟水
バナジウム天然水として富士山の伏流水の中では、硬度の低いグループに属する軟水でまろやかでおいしいと好評です。

バナジウム濃度130μgを含有
糖の悩みとの関係で注目されているバナジウム。そのバナジウムは天然水として唯一富士山の伏流水に高濃度に含まれています。バナジウム濃度130μgは富士山伏流水の中でも、高濃度なバナジウム数値です。

PH値8,3の天然アルカリ水
電解還元水などのアルカリイオン水のPHに近いバナジウム天然水。富士山の伏流水の中でもアルカリ性が強いのがヘルシーバナウォーター130です。

亜鉛の働き
インスリンを作り出す為には亜鉛が不可欠。食品添加物等の体にとって悪い物を排泄する時に使われる。脳の機能を高め精神を安定させる。

亜鉛・フッ素の微量ミネラルを含む
バナジウムと共に含まれているのが、亜鉛とフッ素。亜鉛は免疫を高めたり、バナジウム同様の働きがあるとされ、フッ素も虫歯予防や骨の悩みに優れている様です。

鳴沢の地下300mの伏流水
バナジウム天然水の原水は、山梨県南都留郡鳴沢の地下300mの玄武岩層の伏流水を汲みあげています。

ヘルシーバナウォーターの詳細

3,737

2g6本1ケース

2g6本2ケース

最短地域への送りの場合の価格(税・送料込)

6,980

ここ数年、バナジウム水の取扱いに参入する大手メーカーが後を絶ちません。その訳は
現時点で「バナジウム水」だけが糖対策の化学的な根拠を持ち合わせている水だからです。
特に第72回日本生化学会において、国立愛媛大学医学部の奥田拓道教授により、「五酸化バナジウムにはインスリン様作用がある」と発表されています

つまり、バナジウムはインスリンと類似の働きがあり、尚且つ、肥満による脂肪の自然分解を抑えるという独自の作用があるので、ただ単に糖をコントロールするだけでなく、遊離脂肪酸という糖トラブルの元凶の発生を抑え、糖の悩みを根っこから改めさせるのではないかと期待されて居ます。
そのほかでも、天然の水に含まれるバナジウムの研究が進み、国立愛媛大学、東京医科大学、静岡県立大学など、予防の可能性についての研究が進んでいる模様です。
中村学園大学の研究では、バナジウム水を飲むことで血中インスリン値が4分の3に抑えられたとも発表されています。

バナジウムウォーターの研究と現状

バナジウム水は含有量と亜鉛を含むものを選びましょう

ここで疑問?

研究発表されている様に、バナジウムの水ならどれも一緒の働きをするのでしょうか?
スーパーなどに出回っているバナジウム水は、バナジウムの濃度がかなり低く、中には地下水を汲み上げてからバナジウムを添加した物もあると聞きます。
このようなバナジウムでも同じような働きをするのか?

ちょっと不安ですし、疑問が・・・
そんな疑問に自信をもってお奨めできる、〈キッタ水〉は次の様な特徴を持っています。

●富士山麓のナチュラルミネラルウォーターでミネラルバランスに優れている
●バナジウムの含有量が130μgと高濃度である。
●糖量降下の働きを持つ亜鉛も含有することで大いに期待できる。
●天然水を最新鋭のオンライン工場で充填された安心商品です。

バナジウムウォーターといえども、内容を比較しますとレベルは大きく違います。
選択を間違わないようにご注意ください。

バナジウムの働きご存知ですか?

実際、バナジウムはどのような働きをするのでしょうか? 
簡単に説明してみます。
食事をしますと、体内では食べた炭水化物(澱粉や糖)は胃や腸で消化され、血液中にブドウ糖として吸収されます。血液中のブドウ糖の濃度が高くなると膵臓よりインスリンが分泌され細胞膜の表面にあるインスリン受容体がこれを感知し、感知した細胞は細胞内にあるグルコース運搬体を機能させ血液中の糖をエネルギー源として細胞に取り込む訳です。

しかし、インスリンが分泌されても充分に働かなかったり、分泌されなかったりした場合、糖が細胞内に吸収されず血液中に残ってしまう、これが高血糖の状態です
バナジウムは、インスリン同様にインスリンの受容体に働きかけ、それを感知した細胞は、インスリンを感知した時と同じように、血液中の糖を細胞内に取り込みます。つまり、インスリン類似の働きがバナジウムにあるといわれるゆえんです。

○メタポ検診が気になる方
○血圧のバランスが心配の方    に特にお勧めです
○糖類が好きな方
○プリンタイが気になる方

日本予防医学行政審議会に
よる<KITSUTA水>認定書
 

総務大臣所管

≪キツタ水原水≫をボトリングした
バナジウム天然水は生活習慣のサポートに
貢献してくれる優秀な原水です。


インスリン類似の働きに加え、糖のコントロールの働きを持つ。
亜鉛は骨の悩み・虫歯予防にも期待が持てるフッ素も含有。

日本予防医学行政審議会認定原水

バナジウムウォーター〈キッタ水〉
数あるバナジウム天然水の中でも、水の成分が際立っているのがご紹介している「バナウォーター・キツタ水」です。
「予防医学・予防美容・健康増進に役立つ優秀な原水である」という推奨認定を受けた原水をボトリングした安心な商品です。

最高ランクの含有量

一日100円のメタポ対策
ポイントB・・・
バナジウムの含有量が多い製品が必ずしも良いわけではない。
富士山バナジウムウォーターと他の市販バナジウムウォーターで脂肪細胞の分化
を抑制する試験をしたところ、富士山バナジウムウォーターが最も高い活性を示した。
試験に用いた市販の水には富士山のお水より含有量の多い物も含まれていた
ため、有量だけが関わっているとは言い切れない
ことがわかった。
つまり、亜鉛やフッ素などの他のミネラルバランスが大きく左右していることが考え
られる。
ただし、富士山周辺で採水した水でもバランスに大きな差が有るようで、富士山北側に
良質な水があると言われています
。キッタ水に勝るバナジウム水は有るのかな?
ポイントA・・・
ミネラルバランスが良い→天然水だけ・・・人工的には作れない!
ミネラルがバランス良く溶け込んでいる天然水であることが重要です。
普通のお水にバナジウムを添加したものは、他のミネラルバランスが悪い。

つまり天然水は人間にはつくれない?
富士山のバナジウム水には、平均的なミネラルウォーターの5〜10倍のミネラル
が含まれている事が判っています。
このバランス良く含まれている事が、バナジウムの糖低下にも大きく関わっている
のではないでしょうか。
ポイント@・・・
食事の前やお腹のすいて居るときに飲むのがベスト。
「食事などからの糖が身体に入ってくる前に
バナジウムを血中に
摂り込んで置くことが大事。

食事毎に180ml(コップ1杯)飲む事をお勧めしておきます。
1日の摂取量は、最低180mlを3〜4回、合計500〜720ml位で歓びの声が届いております。

バナジウムを飲むポイント

バナジウム水は含有量と亜鉛を含むものを選びましょう

3,737

2g6本1ケース

2g6本2ケース

最短地域への送りの場合の価格(税・送料込)

6,980

富士山バナジウム天然水(キッタ水)
バナジウム130μg
2gボトル6本入りの価格

血液の汚れを浄化し健康に寄与するバナジウムウォーター〈キッタ水〉

天然のアルカリイオン水

硬度・・・19r/g     バナジウム・・・130μg/g
pH値・・・8.3(弱アルカリ性)

栄養成分表示(100ml当り)

エネルギー・・・0kcal カルシウム・・・・・0,49r
たんぱく質・・・・0g マグネシウム・・・0,16r
脂質・・・・・・・・・0g カリウム・・・・・・・0.10r
炭水化物・・・・・0g 亜鉛・・・・・・・・・・5μg/g
ナトリウム・・・・0,59r フッ素・・・・・・・・・0.39r/g

*ご注意:バナジウムウォーターは沢山の銘柄が販売されていますが、どれも同じ働きをする訳ではありません。キッタ水から安い商品に変えてみたところ、急に糖が上がってしまったため、急いで元に戻したと云う方がおります。見極めは亜鉛を含むミネラルバランスが良い物を選ぶことでしょう。

生活習慣病の予防に亜鉛やバナジウムが欠かせません  【 口コミで広がっています 】

水道水を浄水器に通したお水は臭いも取れ少しは美味しくなっています。普段のお料理等に使うには充分と思いますが生体の活動に機能するパワーは持ち合わせていないです。
それに比べバナウォーター〈キッタ水〉は色々な働きを有するようで、生活習慣(糖・尿酸・血圧・脂肪など)の悩みがある方々から大好評を頂いています。

この機能はお水に含まれる特定の微量ミネラルによってもたらされている様で、バナウォーター〈キッタ水〉には超微量で機能を発現するバナジウムや亜鉛、フッ素が含まれています。
ラベルの成分表を見てみますと、バナジウムを含むミネラルウォーターは富士山麓周辺で採水されるお水でミネラルのバランスに優れています。特に亜鉛を含むお水はごくまれのようです

今まで薬を飲み続けたが改善しなかった生活習慣病の数値が、このバナウォーター〈キッタ水〉を飲むことで下がりはじめたとの報告は大変うれしいことです。今後も
“能力ある水”バナウォーター〈キッタ水〉は生活習慣で悩む方々への救いのお水として広がっていくと思われます。
貴方の回りに居る生活習慣トラブルの方に“こんな機能を持ったお水があるよ”と、そっとお伝えしてみてください。
きっと感謝されるとおもいます。