〈 地域限定のためご利用出来ない地域がございます 〉
注文方法/料金関係
予防食品ベスト3
機能性成分食品
当店の特徴
来店マップ
よくある相談
お客様の声
トップページ
0120-6788-63
053-463-6788
受付時間/ 10:00〜18:00(休業日/日曜日)
お問合せ/ご相談電話
E-mail / myhrh500@ybb.ne.jp

本物商品はお客さまのよろこぶ笑顔が大好きです!

注文専用
健康の「茶の間」ハマヨシ
サプリメントのポイントは「吸収」です
対面販売重視の対応で口コミ増加中!

目的に適した機能性成分を有するサプリメントと天然水ご提供

体内浄化/解毒/細胞活性/で健康へ導く!

乳酸菌球菌で思い切り体質を変えよう!

「薬を減らすか、やめれば病気が治る」
そう言われたら、
あなたはどう思われるでしょうか?
そんなバカな!ありえない!!
「まあ、そういう事もあるかも知れないけど、ちょっと極端じゃない?」
と思うでしょうか?
「医者は病気によって出た症状をやわらげることは出来ますが、
病気そのものはほとんど治せない」ということは、
最近ではもう常識となりつつあるのはご存知でしょうか?

これはお医者さんが悪いのではなく、
元々西洋医学というのは、体に現れた症状をどうして抑えるかに
主眼が置かれたものであるから、仕方ない一面もあるのです。
くすりに頼らない
免疫力のある
体づくりを目指しましょう。
病気は基本的に自分自身で治すもの。
自分の自然治癒力を高めて治すものなんだと、認識する必要がありますね。

くすりを飲むだけでは何も解決しませんよ。

自律神経も腸に集中!

皆さんは、便の三分の一が戦いで敗れた腸内細菌の死骸であり、人の腸の細胞のカケラって知っていましたか?小腸の壁の内側には、顕微鏡でしか見えないほど小さな毛がビッシリと生えていて(絨毛と言う)この絨毛
全体にも、物凄く細かな微絨毛がびっしりと生えており、栄養素はここから吸収されて行きます。

小腸の絨毛は3日位で生え変わる

この絨毛は、3日位で生え変わっていき、その抜け落ちた絨毛が便のなかの細胞のカケラですね。

肥満の方の絨毛は、普通の人より一つ一つが大きくなっていて、食べ物の吸収は短時間で行われてしまい、肥ってしまいます。

食べ物はよく噛んで、ゆっくり食べると肥りにくく成るのですが?3日位で生え変わる絨毛のことを考えると、約2週間位、腹八分目の食事量にして

良く噛み、ゆっくりと食べると、大きく肥大化した絨毛も小さくなって行
き、ダイエットも促進されることになります。

健康な人の腸内細菌バランスは、善玉菌優勢ですが病人の腸内細菌は悪玉菌が増え、腸内腐敗が進んでいます。

この事からも病気は、腸から治す必要を感じます。

小腸のうち、回腸には免疫細胞が集中しており、パイエル板というリンパ組織を形成しています。

こうして見ると小腸を中心とした消化管は、免疫細胞がびっしりと集まった人体最大の免疫器官であり、腸内細菌(特に善玉菌)は、この腸管免疫を活性化し、体の免疫力を高める大切な働きを担っています。

幸せの源は「腸」にある

脳内物質として知られるセロトニンの90%以上が腸にあり、消化管ホルモンなどの内分泌組織も最大であり、抹消神経の55%、微小血管の50%が腸に集中しています。 
腸の不活性(植物の根腐り)が、病気の始まりとするなら、腸の活性化こそ健康維持にかかせないことが、これらからも良くわかりますね。

腸は全身のリンパ球の60%
をもつ人体最大の免疫組織です

乳酸菌FK-23は、お腹の中の常在菌が好んで食べる「エサ」で、生菌とは比べ物にならないくらいのパワーが有ります。
ヨーグルトなどの菌は摂っても摂っても腸内に定着することはなく、2〜3日で通過して行く事が解明されています。
そこで、
腸内に住み着いて居る常在菌に「エサ」を与えれば元気でパワーの強い常在菌を育てることができ、健康に寄与してくれることも判明しています。

豆知識

口から摂り体に良い作用をする乳酸菌を総称して「プロバイオティックス」と呼び、口から「プロバイオティックス」を摂るのではなく、自分のお腹に住んでいる自分自身の常在菌を増やすことを「
プレバイオティックス」と言います。
プレバイオティックスは菌ではなく、
菌の「エサ」になる成分です。

 【特許 FK−13

C型肝炎治療剤  感染防御剤  白血球減少治療剤  毒性軽減剤

抗腫瘍剤およびその製造法

【特許】 LFK

抗アレルギー剤およびその製造法  ■酒さ治療剤  ■色素沈着抑制剤

血圧降下剤 ⇒2つの特許  ■U型肺胞上皮細胞活性剤

この商品はFK−23と云い1包になんと1兆個もの死んだ乳酸菌を含有している商品です。
加熱処理した乳酸菌は生きていない死菌で、生菌の様に胃酸や胆汁酸の影響を受けません。
腸内のビフィズス菌を活性化して免疫を3倍もアップさせることが解明されているのです。

ヨーグルトなどの乳酸菌と違い、菌そのものを補給するのではなく、腸内に住む常在菌のエサとなり、常在菌が活性化することでパイエル板を刺激、これにより、免疫が上がるのです。

今までの常識では、生きた乳酸菌は胃酸や胆汁酸によって死滅してしまうので無効と云われ、常在菌を活性化させるには腸内細菌叢活性物質(乳酸菌生産物質)をエサとして送り込むのが一番の有効な方法と云われてきました。

しかし、最近になって死菌でも腸内細菌を活性化することが報告され、の有効度が生産物質を上回わり、製法などの特許を11も取得している素材です。

プロバイオティクスと呼ばれる

プレバイオティクスと呼ぶ

乳酸菌FK−23を使用した商品のご紹介はこちら

加熱処理した“特許”FK-23濃縮乳酸菌

今回ご紹介させて頂く濃縮乳酸球菌プロテサンFK-23は腸内に住み着いて居る乳酸菌の餌となり、腸内の常在菌(善玉菌)を元気にし、腸内細菌のバランスをベストに整え健康に導きます。

腸内細菌の腸内バランスは、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%のようですが、この内の日和見菌は八方美人菌とも言われる菌で、優勢な方の見方をするようですので、腸内に住む日和見菌が味方になってくれる環境を作って上げれば腸内環境のバランスはベストに近づいていきます。
〈 地域限定のためご利用出来ない地域がございます 〉
0120-6788-63
注文専用フリーアクセス
〒430-0803 静岡県浜松市東区植松町75-3
053-463-6788
お問合せ/質問電話&FAX
お問合せ/質問メール
浜松 健康の「茶の間」
ハマヨシ
ACMπウォーター
SOD様作用食品
有機ゲルマニウム
ふしぎな水「夢」報告
ふしぎな水・月のしずく
バナジウム〈キッタ水〉
ジュアールティー
凍結乾燥ミミズ食品
ヤマブシタケ・物忘れ
生プラセンタraw6μ
ノニ完熟代謝酵素
イカキトサン
●商品からさがす
健康の源は腸にあり、腸の活性化こそ病気予防に最適!